業界最低水準の年利はどこ?

昨今の不景気の波に飲まれ財布の紐もさらにきつくなっている事でしょう。それでも、やはりどうしても出費が重なってしまう事はありますし、まとまった額のお金が必要になってくる場面も出てくるでしょう。どうしても持ち合わせがない場合には、借金をする事も視野に入れておく必要があるのですが、様々な金融機関がある中で、どの金融機関を利用すれば負担をできるだけ軽くできるのか中々判断できないでしょう。借金をするわけですから当然利子が生じてきます。この利子が低い方が負担が軽くなるのです。

実は、キャッシング業界内でも集客合戦が水面下で繰り広げられていて、出来るだけ年利を下げようと動いているのです。そもそも、キャッシングは銀行などで実施されている制度であり、基本的には金利は低く利息も少額で済む場合が多いので、多くの方が利用しています。

最近はどの業者も金利は結構頑張っている

しかし、他の消費者金融業界などが積極的な集客を実施していることから、キャッシング業界でも出来るだけ多くの客を集めようと、可能な限り低い年利を目指しているのです。大体は、年間での利子が元金の7~13%以内に収まることが多いです。これがいわゆる標準的な利息であり、最近ではキャッシングの場合、6%台が多くなっています。

  

キャッシングは銀行を経由するので、審査などが多く利用しにくいという印象が強いため、最近では敬遠されてきました。ただ、キャッシングの利子が徐々に低くなってきて、最低基準として5%台に突入するようになってきました。もうすぐ、4%台の超低金利に突入する可能性もあって、非常にキャッシング業界も注目が集まっています。

業界最低水準はどのくらいなのか?

そんななか最低水準、つまり低い金利をやっているところはどこなのでしょう。
ここでいちばん簡単なのは銀行カードローンを選ぶことでしょう。
銀行カードローンは限度額も高いため下限金利が圧倒的に低いです。消費者金融と比べて。
ただ、それは高いお金を借りるわけですから低くて当然。
あまりいいということはいえませんね。しかし銀行カードローンは上限金利も実は低く設定していることが結構ありますから消費者金融より得になる可能性もあるのかなと思います。