リボ払いには要注意

審査を通過できれば、
晴れて融資を受けることができます。

限度額などは条件によってそれぞれ違ってきますが、
とりあえずは限度額内であれば、借り入れが可能ですから、
さっそく足りない分のお金を借りて利用しましょう。

さてここからが本題です。
融資を受けるまでは、もちろん審査を通過するという関門があるにはありますが、
実際に借り入れた本人がなにか努力をしなければならないという類のものではありません。

ごく当然なことですが、
借りたお金はきちんと返済しなければなりませんね。
借り入れた額にもよりますが、返済は借り入れた本人がお金を工面して
返済期日にきちんと返済するという努力をしなければ達成できないものです。
そもそもお金に余裕があるというのならば、借り入れなんかしなくても済むんですから、
借り入れをした人のほとんどはお金に困っている状態であることが多いでしょう。

こういった困難を乗り越えて、きちんと期日に返済を完了できれば、
あなたはキャッシングを上手に利用できたといえるはずです。

そして、こういった一連の【借り入れ】⇒【返済】という流れを何度も利用したりすると、
だんだんと借金をしているという感覚が薄れてきてしまいます。
一括返済の場合であれば、返済するまでは次の借り入れを
しないように気をつけていればよいのですが、
キャッシングの返済方法には、とても便利なサービスとして
リボルビング払い(リボ払い)という返済方法が用意されています。

リボ払いの使いやすい点として、いくら借り入れても月々の返済額がかわらないという特徴があります。
実はここが注意しなければならない点なのです。
リボ払いを利用していると総借り入れ額がよくわからなくなりがちで、
ついつい何度も借り入れてしまい、気が付いたときには限度額いっぱいまで借りてしまっていて、
借りることに慣れてしまっているので、さらなる借り入れを行わなくては
立ち行かなくなってしまい、さらに他の業者からも借り入れしなければならなくなり・・・

いわゆる多重債務と呼ばれる状態に陥ると、
月々の返済額がとても大きな負担となってしまいます。

計画的な利用を心がける

こういった悪循環に陥らないためにも、
テレビCMなんかでもよくいわれているような、本当に月並みな言葉ですが、
借り入れをする場合は、きちんと計画を立てて、
無理のない範囲での借り入れにとどめる
ように心がけることが、
とても重要となってきます。

特にリボ払いを初めて利用するという方の場合は、
くれぐれも注意が必要です。