キャッシングをするなら総量規制対象外のところで

キャッシングをするなら総量規制対象外のところで

銀行でも消費者金融でもキャッシングはできますが、
銀行は総量規制対象外で消費者金融は総量規制の対象です。

総量規制について

総量規制とは年収の三分の一を超えての借り入れができないという法律です。
ですので、消費者金融で借り入れるには限度額があるということになります。
また一社で年収の三分の一以下ではなくて、借り入れている会社全て合わせて
年収の三分の一までの借り入れとなります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行はどうなのかというと、銀行は総量規制の対象外ですので、
年収の三分の一を超えて借り入れができるということになります。

自分の返済能力をきちんと考えて借入する

ですが、借り入れ過ぎてしまう心配もあります。
やはりどこからキャッシングをするにしても、
しっかりと返済できる金額だけを借りるのが良いでしょう。
いくつもの会社や銀行から借りていると現在いくら借り入れているか
わからなくなることもあります。

また返済日も返済金額もバラバラだと把握するのが大変ですね。
そして返済が遅れてしまうとその分遅延損害金が発生し、
より高く利息を払うことになります。

ですので返済がきちんとできる程度にキャッシングをすると良いでしょう。
ただどうしてもキャッシングをしないといけない場合で、
既に年収の三分の一を超えて借り入れがある場合は、
消費者金融で借り入れるのは難しいので、銀行に借り入れの申し込みをすると良いでしょう。
キャッシングをするのは簡単ですが、その後の返済のことを忘れず、
計画的に借り入れるようにしましょう。