銀行のカードローンのダメなところを考えてみる

銀行のカードローンのダメなところを考えてみる

銀行カードローンは信頼性が高いということから、このサイトでも選ぶなら銀行カードローンで、という記事を書いてきました。確かに信頼性が高い上に金利も低いとなれば、だれもが銀行で借りるのが一番と考えますね。

でもちょっと待ってください。銀行カードローンにはダメなところってないんでしょうか?ここではあえて考えてみたいと思います。

営業時間内でないと審査~借入れができない

審査のスピードについては、銀行によってさまざまで中には消費者金融と遜色ないほど早く、申し込みから40分程度で審査が完了してしまう銀行も存在します。 ただ、大手であってもある程度時間のかかる銀行もありますから、銀行の審査スピードという具合に一概にいえるものではないのではないかと思います。

そういった意味も踏まえて銀行であれば共通しているのは、土日に営業を行っていない点が挙げられます。つまり土日は申し込みを行っても即日での融資はできないということです。

銀行の営業時間は、平日月曜日から金曜日の午前9時~午後3時であることはご存知のとおりですが、この時間内でなければカードローンの審査から借入れといった、初回利用での即日融資に必要な業務は行われません。通常土日が休みで昼間働いている方からすれば、 即日融資を受けたいならば、昼休みにでも申し込みを行うしか方法はありません。 対して消費者金融の場合なら、無人契約機を利用することで土日か平日かに関わらず、 朝9時~夜9時前後まで対応可能となっています。

個人的には、銀行や役所など平日の昼間、しかも午後3時や5時までしかやっていないというのは、客商売としてどうなの?などと思ってしまいます。 1ヶ月を4週間として考えると、窓口が営業している時間は銀行では120時間、 消費者金融の無人契約機では336時間となり、200時間以上もの差があります。

初回利用での即日融資に限って言えば、この時間帯に申し込みが可能な方だけが利用できるということになりますから、ある意味ではこれは銀行のダメな点と言っても良いのではないかと思います。

即日融資を望むならやはり消費者金融

銀行カードローンのダメな点について、もっといろいろ書こうと考えてみたのですが、 実際のところ上記以外には思い浮かびませんでした。 まとめますと、今すぐにお金を借りたい、即日融資を受けたいという場合ならば、 やはり消費者金融を選択するのがベストであるといわざるを得ません。

もちろん初回以降のご利用であれば、カードを利用してコンビニのATMなどからでも借入れができる点は銀行も消費者金融も同様です。もし急ぎではないけれど、いざという時のために銀行カードローンを持っておきたいという場合には、事前に申し込みを行っておくのもひとつの方法ではないかと思います。